「シワやほうれい線は20代から・・」年代別で変わるケア方法とは?

ほうれい線やシワって一度気になり始めると

  • 鏡を見るたび目がいっちゃったり
  • 周りから老けて見られてないかな??

など、きりがないほど考えちゃったりもします。

 

そして一般的には30代からシワやほうれい線が気になり始める人が多いと言われていますが、最近は、20代から悩み始める方も多く居ると言われています。

 

私の妹の24歳の時からほうれい線とおでこのシワに悩み始めてました。

まだ20代前半なのに、、

今回はシワやほうれい線の原因や年齢ごとにオススメのケア方法についてご紹介していきたいと思います。

 

20代の方には保湿ケアがオススメ

「肌のたるみ」が原因とされている「ほうれい線」は20代で目立つことは珍しいと言われてます。

ですが、

  • 表情のクセ
  • 乾燥による小じわ
  • 過激なダイエットによる筋力の低下や栄養不足

 

表情のクセが原因でほうれい線が目立つ(笑顔の時など)場合は表情のクセをできるだけ抑えるように心がけ、ダイエットもゆっくり自身に合うダイエット方法を見つける

 

そして、クセもダイエットも該当しないという乾燥による小シワが原因の場合は保湿ケアにより改善されると言われています。

 

保湿ケア方法についてはこちらの記事で詳しく触れています。

40代主婦が勧める自身でできるシワ、シミ、乾燥ケアの方法とは!?

 

30代からのほうれい線にはスキンケア商品がおすすめ

 

30代は「肌のたるみ」が始まる年代と言われいます。鼻のわきに線が目立ち始めるのが30代と言われています。

そして、口ともとまでくっきり目立つという方はまだ居ない世代とも言われています。

 

30代は20代のほうれい線ができる原因に加えて

  • 肌のコラーゲン、エラスチンの減少
  • 肌を支える繊維細胞の老化によるたるみ

など、肌の衰えによる原因も増えてきます。

 

肌の保湿に必要なコラーゲン、エラスチンは紫外線などの外部刺激などにより減少していくと言われています。

 

「肌のたるみ」も肌内部のコラーゲンやエラスチンの減少により起こりうると言われている為、30代の内からコラーゲンやエラスチンの減少を防ぐ為の成分が配合されているスキンケア商品の使用を開始するのがオススメです。

 

(詳しくは、レチノールやビタミンC誘導体などの成分が含まれているスキンケア商品が特に良いと言われています。)

 

40代からは、スキンケア商品+表情筋のエクササイズなどがおすすめ

40代は、30代に比べてすべての肌機能が低下してくると言われいます。

ほうれい線がかなり目立ち始める場合もあり、口元までほうれい線が達する事も多くあると言われています。

 

そして、ほうれい線の原因は20代、30代に比べて

  • 口周りの筋肉のゆるみ
  • 肌の弾力(ハリ)の減少

などがあると言われています。

 

30代よりもさらにコラーゲンやエエラスチン減少、さらに筋肉のゆるみも起きてくる年代になるのでスキンケア商品を使用するのはもちろん、表情筋のエクササイズが有効と言われています。

おすすめの表情筋エクササイス

ここで簡単にできるおすすめのほうれい線対策エクササイズをご紹介したいと思います。

 

その名はズバリ「目、ベロ回しエクササイズ」です!

 

やり方としては眼とベロ(ベロは口の中で)を同時に時計回りに1週回す。

(1セット3回を1日/寝る前に1回がオススメです。)

 

口の中で舌を回すと口の周りにある口輪筋が刺激でき、血流のアップに繋がります。

 

さらに、目を同時に回す事で口輪筋に繋がっている目の周りの眼輪筋も鍛えられる事で、シワやたるみが起きやすいと言われる口元と目元を同時に効率よくエクササイズができます。

 

(さらには舌を動かす事で唾液の分泌を促すと言われている為、口内の健康にも役立つエクササイズとなっています。)